脱毛サロンに通ってから変わった事

脱毛サロンに通ってから変わった事

脱毛サロンに通う事にした理由

私は10代の頃から剃刀を使って除毛をしていました。自己処理のしすぎで肌がカサカサになり、痒くなる事もありました。
脱毛サロンに通っている友達の肌がツルツルで羨ましかったので、私も通ってみたいと思っていました。しかし、全身脱毛をすると金額が高くなるイメージがあったので迷っていました。
社会人4年目の頃、金銭的に余裕がでてきたので友達に脱毛サロンを紹介してもらう事にしました。

脱毛サロンに通い始めて

脱毛サロンに入った瞬間、お洒落な雰囲気に驚きました。スタッフの方も脱毛をしているからか、肌が綺麗でした。
心配していた金額ですが、分割払いにすると毎月それほど負担がかからない事が分かりました。
もっと早くから通えば良かったと思いました。

最初は腕、脚、Vライン、脇のコースにしていましたが、後からうなじと背中を追加しました。
脱毛サロンに通うと、もっと他の箇所も脱毛して綺麗にしたくなります。
自然と美意識が高まっているような気がします。

肌の保湿と脱毛効果

脱毛効果を高めるには、肌の保湿が大切だとスタッフから聞きました。今まで顔の保湿は頑張っていましたが、身体の保湿は全くしていませんでした。
どの部分の水分量も平均を下回り、自分がいかにボディケアを疎かにしていたか気づかされました。一時期ボディクリームを塗っていましたが、ベタベタするのが嫌で長続きしませんでした。

しかし、この結果を知ってから自分に合ったボディクリームを探し、保湿を毎日しました。

脱毛サロンに通ってから一年くらいした頃、脱毛の効果が見てわかるようになってきました。
自己処理していた時のような、チクチクした肌触りはなくなり、潤いのある肌になることができました。
脱毛サロンに通ったおかげで理想的な肌になる事ができて良かったです。

参考:おすすめの医療脱毛ランキング

脱毛器で肌に傷をつけてしまう

私の脱毛の悩みは脱毛器で肌を傷つけてしまうことです。毎回慎重に脱毛していますが、たまに皮膚を切ってしまうことがありそれで困ってます。

皮膚を傷つける恐怖がなければスムーズに脱毛できるのに、脱毛器に集中しないとすぐ切ってしまうからかなりゆっくりな動作になり時間がかかってしまいます。古い脱毛器のせいだということはわかっています。

でも今使っている脱毛器は使い心地がよく、できれば買い替えたくありません。買い替えたらもっと使い心地が良くなるのかもしれませんが、脱毛器はそんなに安い買い物ではないため、躊躇してしまいます。私のやり方にも問題があると思っています。傷をつけるからには脱毛器を雑に扱っているのかもしれません。無意識のうちに荒っぽい脱毛になってしまい、その結果傷をつけることになってしまうのでしょう。

自覚の問題でもあるとはいえ、傷をつけてしまう頻度を減らしたいです。前の傷が治ったと思ったらまた次の傷を作ってしまい、脱毛してムダ毛をきれいにしているはずなのにこれでは逆に肌が汚くなってしまいます。傷をつけずに脱毛する方法、うまい脱毛のテクニックがあったら取り入れてみたいです。全身が傷だらけになるという心配はないにしても、頻繁に傷をつけてしまう足の脱毛だけはどうにかして対処法を見つけたいです。

私は傷つけないようにという意識を持つ意味でも脱毛は難しいと思っています。普通にムダ毛を抜くだけならまだしも、余計な点を気にすることはやはり面倒です。最近では佐賀駅らへんで脱毛サロンを探してみます。
ここなんかを参考にするといいなと思っています。佐賀 脱毛

週に数回の自己処理脱毛

私は体の脱毛は全て自己処理でしています。今の所している脱毛の場所は、脇の下、足、後はデリケート部分です。脇の下の脱毛は伸びて来るのが早いので週に3回は女性用カミソリで剃っています。時間の有る時は脱毛器で抜き取ってしまうのですが、時間が掛かるので最近は脱毛器はあまり使わず、女性用カミソリでササッと済ませる事が多いです。

けれどもやっぱりカミソリで剃っても、すぐ翌日にはプツプツと黒く毛が肌から見えてきてしまって翌々日にはもうチクチクと毛が生えて来てしまう程早く伸びるので嫌になります。脱毛器だと抜き取ってしまうので生えてくるのも遅くて綺麗な肌を少なくても2~3日は保てるのですが、女性用カミソリだとやっぱり処理が週に何度も必要になるみたいです。

足の脱毛は脱毛器だと痛いのでこれも女性用カミソリでササッと剃っています。剃る時には必ずお風呂場で、ボディーソープの泡などを付けてから滑りを良くしてから剃るようにしています。脱毛する時に肌など傷つけてしまわないように、力を入れずに軽く脱毛しています。デリケート部分の脱毛は私は脱毛器と女性用カミソリの2種類を使っています。

前の部分は目につく場所なのでカミソリだけだとプツプツと黒く毛が見えてしまって見っとも無いので、脱毛器で抜き取っています。この部分ならあまり脱毛時の痛みも無くて、見た目も綺麗に仕上がるのでそうしています。ただ、下の方の処理は脱毛器だと痛そうなので女性用カミソリで屈みながら処理をしています。もちろん剃り残しとかも有ると思いますが、自分で出来る範囲の所は頑張って処理するようにしています。

今後いつかは流行りの脱毛サロンや全身脱毛をしてみたいなと思ってたまに検索したりしていますが、まだまだそんな余裕が出るのは先のことになりそうです。全身脱毛をしたいとお考えの方は下記のようなサイトを利用するとよいと思います。

初めての医療レーザー脱毛体験

何年も前から広告や噂話、ネットや友人からの実体験で耳にしていたレーザー脱毛。しかし医療用のレーザーを使ってエステ以外の施設で脱毛できるという具体的な話は、恥ずかしながら最近知り、そして人生初の脱毛施術を受けることになりました。

今まで耳にしていたのは、毛がポロポロ抜けることや痛みがなかったという良い話ばかりでした。それが逆に試してみる気持ちを抑えていたのです。そんな旨いこと進むのかなという疑心でいっぱいでした。しかしそれは全身脱毛でスベスベになった女性に出会うまではです。

全身脱毛に成功した彼女は、とても満足しているという素直な話を聞かせてくれました。今までとは違って疑う余地が無かったのは、話す彼女の美しい肌を観察しながら聞くことができたからでした。その後すぐに医療用のレーザー脱毛ができるエステを探そうとしましたが、ネットですぐに見つかったのは美容外科クリニックでした。しかも、未体験者には優しい価格の広告が見つかり早速予約をしました。

今までの疑心があった分すぐに行動できたのです。初の医療用レーザー脱毛は正直なところ、自分には痛みが強く感じました。施術中に素直に痛みを知らせたところ、クリニックのお医者さんが診てくださり問題ないと対応して下さっただけでも丁寧さと有難さを感じられました。専門機材を使って自分の体に何かを施すサービスに対して支払う金額だけで判断するのは難しいことですから、事前の説明とアフターケアが万全かどうか確認するのは大切だと実感しました。次の施術も楽しみです。

節約についてのあれこれ

節約はお給料が多くない家庭の人にとってはとても大事なことです。節約をすることが身についているのとそうでない人とでは、出て行くお金も違います。お給料と貯金とは、比例するようで案外そうではないのです。もちろんお給料が良い人が節約をしていると、それはそれで、貯金も増えていくのですが。

休日をどう過ごすかは、節約という意味では、とても大きなポイントでしょう。休日に家族で、いつも出かけることを習慣にしている家庭では、午前中に出かけると、昼食を外食にしてしまうでしょう。お昼から、ショッピングをすると、出費も当然出ます。

その後、子供を公園で遊ばせて、などなどしていると、夜に家につくと、疲れて夕飯を作るのが面倒になったりします。お腹は空いているので、外食をして帰ろうかというパターンの家庭では、休日の出費を合計するとかなりの出費になるでしょう。案外、子供もある程度大きくなると、家族とよりもお友達と遊んだほうが楽しくなってくるものです。

わざわざその気持を妨げて、家族で休日はどこかに出かけるということばかりをしなくても十分かも知れません。たまには家族で出かけても良いでしょうが、何かを買う時でも、その場で決定せずに、また今度来た時にというように先に伸ばすと、実は今度の時にまでは、気持ちが冷めたり、実は要らないものだったり、家に同じものがあったりということもあるのです。

その場での即決を避けて、高価なものは先送りという習慣を身につけていると、無駄遣いも結構あるなと気がつくものです。そして、リサイクルショップを覗いてみると、案外新品でもお値段がとってもお買い得なものもあります。中古でも大丈夫なら、おねだんはもっとお買い得になってくるので、節約ができるのです。

4歳児ママの楽しみ

私には4歳の娘がいます。今は毎日、この子との関わりが生活のメインになっています。まあ当たり前ですよね。4歳になって幼稚園にも行くようになってだいぶ成長したなあとは思うものの、ひとたび家に帰ってくれば、すごく手がかかります。一人っ子だから余計手がかかるのかな。

でもやはりもう4歳。ちょっとずつ本人に、自分自身でいろんなことをやるように働きかけています。帰ってきたら手を洗う、1人でトイレに行く、自分でご飯を食べる、おもちゃは自分で片付ける・・・などなど。働きかけたら何とかやってくれるようになりました。だから頑張って促しますし、おだてます。その様子を私の母が見て「あんた、よくしゃべるようになったなあ(驚)!そんなにしゃべる子やったっけ?」と呆れていました。気がつけばそうかも。子育てって結局、話さないと進まないですもんね。毎日毎日、しゃべりまくってます。

だからかな、子供が寝て自分1人の時間になった時には、パソコンに向かうことが多いですね。パソコンで情報収集したり、ブログを入力したりしています。それが結構リフレッシュになるんですよね。TVなんかより全然リフレッシュになるんです。自分の頭で考えるのがいいのかな。私の友人でも、買い物はひたすらネット!という人がいます。彼女も夜、パソコンに向かうのが気分転換だと言っていました。やはり人は、話し過ぎると疲れるのかなあ(笑)。

でも少しずつ、日中でも自分の時間を持てるようになってきました。前は家事をこなすだけで精一杯だったんですけれども、今は家事の隙間時間にエステ体験に行ったり、マッサージに行ったり、保険の見直しをあえて外の喫茶店でやってもらったり(気分転換のためです)、そんなことで楽しんでいます。たまに子供に「今日はママ、何してたの?」と言われ「ドキッ」としながらね(笑)。

キッチンハイターで、水回りはピカピカ!

年末の大掃除で、風呂場を掃除しました。
家は古くて、前の住人が、あまり掃除をしない人達だったらしく、私達が引っ越して来た時は、汚れが蓄積されて、掃除をしましたが、もう落ちるものではありませんでした。
風呂場も、前の汚れの上に、カビが生えたり水垢がついたりして、タワシでこすったところで、気休めくらいにしかなりませんでした。
ふつうの風呂場用洗剤では、もう落ちませんので、あまり個人的にはやりたくないのですが、カビとり剤を振りかけてみました。
半分くらい落ちました。
まだ半分は、汚れが残っていますが、見た目が全然違います。
ある日、また、シャワーを浴びたついでに、タワシでこすって、後の汚れを取ろうとしましたが、無理でした。
だんだんイライラして来ました。
そこで、今度は思いきった事をする事にしました。
台所に行き、キッチンハイターを持って来ました。そして、排水溝をラップと重しでふさぎました。私は、風呂場の床に水を貯めました。
そして、そこにハイターを一本、全部注ぎ込みました。
塩素系の嫌な臭いが立ち込めました。
風呂場を締め切って、わざと買い物に出掛けました。
帰って来て、風呂場を覗いてみました。水垢も、カビも、汚れも、綺麗に無くなっていました。
ハイターの威力をまざまざと感じました。
足をビニールでくるんで、風呂場の中に入ります。
重しと、ラップを外し、ハイター水を流しました。そして、シャワーの水で、床を流しました。
カビとり剤より、キッチンハイターの方が、汚れが落ちて、風呂場の床が綺麗になりました。
今は、どうやったら、横のタイルのめじの水垢を、キッチンハイターで取れるか、思案中です。
トイレは、キッチンハイターで、汚れリングが綺麗に落ちるのは、経験済みですが、風呂場でも、大活躍です。